MENU
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
スポンサードリンク

先輩ママからの妊娠体験談記事一覧

初めての妊娠の場合は慎重になる場合が多いと思いますが、2回目、3回目の妊娠となると自然と「大丈夫だろう」と、妊娠を軽く考えてしまうことがあるものです。実際、私も3人目の妊娠は妊婦という自覚もそれほどないまま気づいたらお腹が大きくなっていた、という感じでした。

出産を終えていま考えると、妊娠中は、本や雑誌にも書かれているように、普段以上に健康的な生活とゆったりのんびりした生活を送るべきだったと感じます。私の場合は、あまりつわりの症状もなく、妊娠自体が最初順調すぎて、油断してしまったという感が大きいです。自分で無添加のプリンを作ったりはしたのですが、無添加でも手作りでも甘いものは甘いものであり、結局甘いものを食べ過ぎて、血液検査で血糖値がひっかかり、結局ブ...

現在妊娠中ですが、初めて妊娠して「子供を産む大変さ」というのがよくわかりました。出産時の痛みというのはよく聞きますが、つわりのしんどさというのは人それぞれなのでそんなに聞いたこともありませんでした。

妊娠期間中、とくに妊娠初期の段階は、赤ちゃんの臓器が作られたり、とても大切な時期です。無理をすると、流産の危険性が高い時期でもあります。私は初めての妊娠の時、そのような説明を受けていたと思うのですが、妊娠したという事実に舞い上がっていて、医師の説明も上の空だったような気がします。

妊娠中を、健康に過ごしたいあなたへ。今日はやってはいけないことをお話します。ストレスを溜めるのはよくない妊娠中は、つわりがあったり貧血がおきたり、体調が変化してストレスが溜まります。また、体も思うように動かせないこともあり、いらいらします。しかしストレスは、自律神経の働きがスムーズにいかなくなり、血行の流れが悪くなります。

妊娠中にしてはいけないこと…色々ありますね。喫煙・飲酒・激しい運動・温泉に入るのもダメなんて言われたりもます。友人の奥様ですが、凄いお酒好きでやめられず、少しぐらいならいいかという気の緩みで飲んでいたそうです。

妊娠初期に風邪薬を飲んではいけない・・・これは昔から聞いていたので、注意しようと思っていました。でも、薬はどれも危険なのですね。甘かったです。私はアレルギーがあり、特に花粉症がひどくて結婚前から悩んでいました。と言っても一年中の花粉症という訳ではなくて「スギ花粉」に集中的に反応するタイプです。以前は花粉症になると、病院にいって注射等してもらっていましたが、結婚してからは仕事と家事で毎日が忙しいため...

妊娠をした場合に赤ちゃんの為にしてはいけない事は沢山あります。沢山ありすぎて何をしていいのか、何はしてはいけないのか分からない人も居ることでしょう。今回は妊娠中にしてはいけないことをまとめました。薬の使用は医師に相談とにかく薬を利用するには必ず医師に相談しましょう。市販の風邪薬などを飲んだからといって即胎児に悪影響が出るというようなものではありませんが、万が一という事もありえます。病院で処方される...

妊娠してお腹が大きくなり、やがて赤ちゃんが生まれ、ボディラインは一見すると元通りになったように感じるけれど、実はお腹周りというのは、一度膨らんでからしぼんだ風船のような状態になっているものです。お肌がプニプニと軟らかく伸びきったようになってしまい、妊娠前のハリのある肌に戻ることはもうないのかなと、少しさみしく感じたものです。でもそれは1人目の妊娠の後の事、二人目の子供が妊娠した時、初めて妊娠線とい...

「生まれたら何もできないよ!旅行も遊びも身軽な妊娠中に!」初めての妊娠だった3年前。出会う人みんなにそう言われました。産後、どれだけ育児に追われるのか、大変なのか、その時はよくわかりませんでしたが、「初めての妊娠」。そして幸い、退職間もない専業主婦だったため、思う存分妊婦生活を楽しんでやろうと、かなり意気込んでいました。つわりが落ち着いた5ヵ月頃からマタニティーセミナーやマタニティーヨガ。体重オー...

私はつわりがわりとひどい体質で、吐きづわりで一年苦しんだこともあります。その一度目の妊娠のときは、まともな食事が一度もとれず、ずっとお腹がすいたのと気持ち悪いので過ごしていました。二回目の妊娠の時は一度目のときよりも幾分かましになり、少し食べられるものが増えたことがうれしく、食べられるものはどんどん食べていました。産院でもらったつわりについての紙にも書いてあったので安心していたのですが、あったかい...

妊娠が分かった時点でランニングやバスケなどはやらないほうがいいです。妊娠に気付かず趣味のランニングとバスケをしていたのですが、ランニング中お腹が痛くなり病院に行ったら妊娠しており、医師に注意されました。ランニングは、ウォーキングと違い、かなりの速さで走ります。脈拍も早くなり、呼吸も苦しくなります。ママだけが負担になっているのではなく、お腹にいる小さな我が子も同じように負担を負わされています。呼吸が...

上に幼稚園の子どもがいて、下の子どもを妊娠している時の話です。上に団体生活をしている子がいると、それはしょっちゅう風邪をもらってきます。年中ひっきりなしに風邪をひいているので、私自身うつったこともありますし、妊娠してからは嫌な予感がしていました。しかし、日常子どもは咳をするときに手を当てるように、マスクをするように促しても言うことを聞かず、平気で人の顔にくしゃみや咳をかけてきます。家の中でマスクし...

妊娠中は身体的にできなくなることが多くなります。地域の運動会で綱引きに出たり、足の爪を切ったり。どちらかというとおおらかな妊娠生活を送ったので、やってはいけないことについて意識したことはなかったのですが、後悔したことがいくつかあります。まず、食べ過ぎです。あまり食の太い方ではなかったのですが、安定期を迎えたころからどうにも食欲を抑えられませんでした。つわりがひどく、そのころにあまり食べられなかった...

妊娠中は身体を冷やしてはいけない、とよく耳にします。私自身、元々冷え症とは無縁で、むしろよく手足がほてる方だったのですが、妊娠を機に、身体を冷やさないということに気を使うようになりました。その理由の一つが、お腹の張りです。これまで身体が冷えるということがどういうことかイマイチわかっていなかったのですが、妊娠中に身体が冷えると、お腹の張りに繋がるということを身をもって体験しました。妊娠中は、赤ちゃん...

私は二児の母です。二度の妊娠期間中に、私がしてしまって後悔した事を書いていこうと思います。妊娠中と一言で言っても初期、中期、後期と別れますね。やはり初めての妊娠の初期は不安なことも多いのではないでしょうか。私を含め多数の方が感じたという風邪のような症状。喉の痛みや咳、頭痛などがいっぺんにやってきました。私はそこで、風邪だと勘違いして市販の薬を飲んでしまったのです。後から医師に聞くと、妊娠初期の服薬...

私の一人目の子供を妊娠しているときの話です。当時私は高知県に住んでいました、しかし、旦那の実家も私の実家も九州で旦那が大分県・私が福岡県の出身でした。妊娠ちょうど6ヵ月の安定期の頃がちょうどゴールデンウィークで、お互いの実家に帰らなければいけなくなって、安定期だし大丈夫かなと思って帰る事にしました、もちろん産科の先生にも相談して許可ももらいました。しかし、高知県から九州に帰るのは車を使っても公共機...

妊娠中は、人によってとても大変な思いをする人や、普段と同じ生活ができる人など体調はさまざまです。私はそんなに体調面がしんどくないほうだったので、一人目の妊娠の時は妊娠9か月まで、二人目は予定日の三日前まで働いていました。その時に職場の人に妊娠中だからやってはいけないと止められたことがあります。まず、はしごに上ったり手を上まで伸ばして物を取ったりすることは固く禁止されました。やはり妊娠初期だと流産の...

私は若い頃に妊娠せず、半ば諦めかけていた30過ぎに待望の赤ちゃんが出来ました。でも私はツワリが非常に怖かったのです。ただ、思ったよりツワリは軽くて身体が怠いのと、ひたすら眠いくらいでした。だから、食べられるし食欲もあるけど食べられなかったんです。今はツワリが無くても、突然来るかもしれないと思うと怖くて食べられないんです。せいぜい食べてた物は、葉酸のサプリメントとゼリーやキュウリとトマトでした。ツワ...

妊娠中は、とにかくからだをいたわるようにしていました。しかし、どうしても、風邪などをひいてしまうことがありました。そして、市販薬は飲んではいけないと考え、そのたびに病院にかかっていました。この風邪薬はよかったのですが、わたしの場合、なんと妊娠中に花粉症の症状が出てしまいました。そして、担当医に相談したところ、強い薬は出せないので、我慢できるようならば我慢するようにといわれてしまいました。さて、薬な...

妊婦さんになると、脱毛はしてはいけないんだって知っていますか?医学的に婦人科の医師から言わせても、脱毛というのは肌にとても負担がかかる物なんですね。それ以外にも、心臓が悪い人や、肌荒れがひどい人などもできません。毛穴にダイレクトにアクセスするので、毛ぞりだったらまだ許される辺もあるけど、脱毛は控えた方が良さそうです。特に器具で脱毛できるパナソニックなどの家電製品がありますけど、裏の注意書きに妊婦や...

初めての妊娠、出産は大変ですよね。二人目以降の妊娠、出産のときは、まあ一回経験したことですから、初めての時ほど不安はないですし、楽なことも多いです。ただし、大きな問題がありまして、二人目の時は、「一人目の子供の面倒をみながら妊娠、出産をこなさないといけない」のです。一人目の時には「う〜ん、今日はつわり/出産後でしんどいから横になっておこう。夫には外でご飯食べてきてもらおう」とか、そういうことができ...

私には現在、2歳の娘がおります。いまは元気にすくすくと育ってくれていますが、妊娠中、ヒヤリとしたことが二度ほどありました。今考えると妊娠中であるということの認識が甘く、反省することしかないのですが・・・まずは妊娠6か月くらいのころ。安定期に入り、まずは一安心という時期。つわりも落ち着き、お腹もさほど重くないのでついつい活動的になってしまいがちでした。仕事も普通にフルタイム、というか毎日残業で帰りは...

妊娠中といえば、体重管理は安産に向けての重要なポイント一つです。赤ちゃんがいるからといってたくさん食べる、という行為は安産にならないということは妊婦さんの間では周知の事実です。また産院でも体重が増えすぎているととても注意されてしまいます。事実私の母親は妊娠中に20kgも太ってしまい、おそらくそれが原因で帝王切開になりました。そのため自分が一人目を妊娠したときは、体重増加をすごく恐れていました。恐る...

私の妊娠が分かったのがちょうど季節が肌寒く感じ始めた頃でした。妊娠が分かったと同時くらいにつわりの症状が出はじめていました。その時、まだ仕事に行っていたんですが、立ち仕事ということもあり少し無理をしてしまったのか、歩くたびに腰に激痛が走り、茶褐色の血が混じったおりものが出るようになりました。その状態を産院の先生に相談したらしばらく安静にしていた方が良いと言われました。そんな事もあり、大事をとって仕...

赤ちゃんは授かりもの。お腹に小さなまだ見えない命が宿ったときには女性はもうお母さんとしての自覚が芽生えていることでしょう。私も妊娠、出産を経験したことがあり滅多に味わえない不安と楽しさが一気にきた時期でした。その時期に妊娠中はやってはいけないことを学びましたのでまとめてみたいと思います。体を冷やしてはいけない妊娠前から知っていましたがどこまで冷やしちゃいけないのか境界線に疑問を感じていました。義母...

ずっと以前友人がサプリを飲んでいる事を思いました。それが葉酸サプリだったのです。あの頃友人は妊娠していて、つわりで何も食べれないでいたのです。それなのにサプリだけは飲んでいました。なぜかと聞くと、赤ちゃんに栄養を届けるためだと言っていたのです。私はその言葉を今でもはっきりと覚えています。だから妊娠したら私も葉酸サプリを飲もうと決めていたのです。私が飲んでいたのは「ベルタ葉酸サプリ」です。私も赤ちゃ...