妊娠中に動物園に行くのはどうなの?

MENU

動物園に妊婦は行ってもよいのかどうか

妊娠中でも上にお子さんがいらっしゃる方は、動物園に行く機会もあるでしょう。「妊娠中の動物園には行かない方がいい。」なんて言われたことがある人もいるかもしれません。

 

「動物が持っている菌やウイルスがうつってしまうかもしれない。」と、動物園に入るだけで感染症となると思っている方も、時折いらっしゃいます。

 

結論からいえば、動物園は行っても構いません。しかし、妊娠中だからこそ気を付けて頂きたいことがあります。

動物園では感染しないの?

動物園に入るだけ、見るだけなら問題がなくても、動物に直接触れる事で感染し、赤ちゃんに影響がでる可能性があります。

 

感染症をもらわないように動物と直接触れ合うことは避けてください。動物ふれあいコーナーには、ネズミの仲間(げっ歯類)のモルモットやハムスターがいます。

 

げっ歯類は、有害な菌やウイルスを持っているものもおり、妊婦に感染すると害を及ぼす可能性があるものもいます。

 

また、糞尿には菌やウイルスがいることがあり、それらに触れることによって感染する可能性もあります。

 

健康な人には、特に感染の恐れがないですが、妊婦は別です。

 

感染症はどう予防すればいいの?

感染症の予防の基本は、石鹸と流水での手洗いです。家族が動物ふれあいコーナーで動物に触れた場合も、家族全員で手洗いを徹底するようにしましょう。

 

土にも菌がいる場合があるので、土に触れないようにして下さい。食事の前には特に、手洗いの徹底をしてください。

 

水分補給の際にも感染する可能性はあります。

感染症以外は注意しなくていいの?

動物園は園内にいる動物達を見るために、たくさん歩きます。大抵の場合は、屋根もなく外を歩かなくてはいけません。当たり前なのですが、歩きやすい靴をはいて下さい。

 

靴はかかとが2cmくらいのものが、歩きやすく転倒しづらいと言われています。また、急いで見るのではなく、ゆっくり歩いて見るように心がけて下さい。

 

時間に余裕を持ったスケジュールを立て、休憩も小まめにとるようにしましょう。その際には水分補給をして下さい。妊娠初期のつわりなどで気分が悪くなったら、休憩することも基本です。

 

妊娠中期や妊娠後期では、お腹が張ってきたら無理はしないでください。妊娠中はトイレも近くなるので、トイレの場所も確認しておくと良いでしょう。

 

屋外が中心となるので、日除けグッズとして帽子や、日傘なども使用を検討しましょう。妊娠中は、ただでさえ疲れやすい時です。

 

屋外での活動は疲労の元となり、体力が奪われます。また、妊娠中は熱中症になりやすいため、陽射しを避けることでも予防に努める必要があります。

 

熱中症の初期症状として、めまいがあり、妊娠中のめまいによる転倒は切迫流産や切迫早産の危険があるので、注意する必要があります。

 

動物園までの移動が長時間になる場合も、こまめに休憩をとり、同じ姿勢でいることがないようにしましょう。

 

臨月はいつ産まれても良い時期ですので、遠出は避けましょう。

妊婦と動物園についてまとめ

妊娠中の動物園は、動物とのふれあいはしないで下さい。家族で手洗いを徹底することも大切です。

 

また、歩きやすい靴や日除け対策も行い、小まめな休憩と水分補給をして、ゆっくり楽しみましょう。

 

妊娠中には葉酸を摂りましょう

ベルタ葉酸サプリの詳細


妊娠線予防と妊娠線クリーム

ベルタマザークリームの詳細

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
スポンサードリンク