MENU

暑い季節。妊婦は冷房とどのように付き合うべきなのか?

妊娠中は、今までより暑く感じることが多くなります。それは、妊娠すると子宮へ血液をめぐらせるために、血流が良くなり、基礎体温や新陳代謝が上がるからです。

 

そして、いつもより汗をよくかくようになります。妊娠中期から妊娠後期、臨月に向けてはお腹も大きくなることから、少し動くだけでも暑くなって汗をかくようになります。

 

妊娠中は暑さにも弱くなってしまいます。しかし、妊娠中は冷えにも注意しなければいけません。暑さ対策と冷え予防の両方に心がける必要があります。

暑さ対策に妊娠中の冷房は使ってもいいの?

夏になると気温が35℃を超える日が続きます。そんな中で、エアコンを使用せずに過ごすと熱中症になってしまいます。

 

妊娠中は基礎体温も高くなっています。お腹が大きくなると腰の負担を軽減するために、腹帯やマタニティガードルを使用している方も多くいらっしゃいます。

 

さらに、妊娠していることで普段より疲れを感じやすくなっています。そんな状態だからこそ、うまく体温調節もできず、妊婦は熱中症になりやすいので、エアコンは使用して下さい。

 

熱中症となるとどうなるの?赤ちゃんへは影響があるの?

赤ちゃんが成長するためには、お母さんからの血液と酸素が必要です。

 

妊娠すると血液量は増え、赤ちゃんに必要な栄養を送るように働きます。しかし、熱中症となると体内の水分が不足することから、血液量も少なくなります。

 

熱中症が長く続けば、その分だけ赤ちゃんに必要な栄養が不足してしまうことになります。

 

また、熱中症は軽度でも立ちくらみやめまいを感じることがあります。重度になれば意識を失います。

 

めまいや意識を失った時などに転倒することで、切迫流産や切迫早産の可能性が出てしまいます。

熱中症を予防するにはどうしたらいいの?

妊娠中はトイレが近くなることから、水分を我慢している方もいらっしゃいますが、特に暑い季節や湿度が高い季節は熱中症となりやすいため、喉が渇く前に水分摂取を心がけましょう。

 

日差しが強く、暑い時間帯は外出を避けましょう。栄養不足とならないように、エアコンや扇風機などを利用して、過ごしやすい環境をつくるようにしましょう。

冷房を使った過ごしやすい環境ってどうすればいいの?

熱中症予防の観点からも冷房をうまく使う必要があります。エアコンの温度設定は28℃が推奨されていますが、少し暑く感じてしまうかもしれません。

 

一緒に扇風機やサーキュレーターを使い、体に直接あたらないように風を起こすことや、湿度設定を60%程度にし、衣類で調整することをおすすめします。

冷えたらどんな影響があるの?

体が冷えると、血管が収縮し血流が悪くなります。頭痛や肩こりなどを引き起こし、さらに吐き気を感じることもあります。腸も冷えてしまい、腹痛の原因にもつながります。

 

また、血流が悪くなることで、赤ちゃんへの影響も考えられます。冷え性により低出生体重児となる可能性があると言われています。末梢血管も収縮した状態となるので、妊娠高血圧症候群になりやすくなります。

冷えの対策はどうしたらいいの?

妊娠中の冷房は、体を冷やしすぎないことが前提となります。風が直接あたっている時や、涼しいと感じても薄着のままでいると体は冷えてしまいます。

 

オフィスなどで温度調節ができない場合は、一枚羽織るようにしましょう。体の中から冷やさないように、冷たいものばかりではなく温かいものも食べることも大切です。

 

お風呂などで体を温めることも有効です。

 

妊婦と冷房関連口コミ

横着しないこと!冷えに注意すること!
妊娠中は注意する事柄が多く、ついつい普段と同じ行動をして過ごしていると後にリスクが伴うこともあります。私が妊娠中期に、あのときはこわかった、危なかったなど体験したことを書きたいと思います。中期になってくると、お腹も大きくなってきます。それでもまだ普通に歩けるし、慣れてしまうとそこまで不便に感じません。でもその油断が一大事になることも。

 

夜中に回覧板を届けに、隣の家だからと主人の大きめのクロックスを履いていきました。まわりが暗くて見えなかったことと、雨上がりで地面が濡れていたこともあり、段差に気づかずズルっと滑ってしまいました。お腹はなんとか守りましたが、腰をうち、足首を捻挫してしまいました。これでもしお腹を強打していたら…そう思うとゾッとします。近くだからと思わず、きちんとした靴を履いて気をつけなければいけないと改めて思ったのでした。

 

次に、冷えです。夏でパジャマは短パンを履いていました。暑くてエアコンも効かせていました。起きているときは足にタオルケットをかけて冷えから守っていましたが、寝ているときはお腹だけにふとんをかけていました。すると急におなかに激痛が走り、脂汗までかきはじめました。足が冷えたことによって、おなかまで冷えてしまったようです。激しい下痢に見舞われ、しばらく動けませんでした。

 

おなかも張り、救急車を呼ぼうか真剣に考えましたが、何回かトイレに行ったり温めたりして乗り切りました。そのごもまた腹痛におそわれましたが、あれがもっと長引くと、子宮の張りも続き非常に危険だったと思います。妊娠中期は、おなかだけでなく全身が冷えないように気をつけなければいけません。ついつい気軽に普通に過ごしてしまいがちですが、妊娠中は体がデリケートになっていること、そして注意力も下がってしまうこともあります。

 

安定期には入ったけど、日常生活に危険は潜んでいるので意識して守るようにしていきたいですね。ちなみにうちにはもう一人上の子がいたので、上の子がおなかに乗ってこないように身を守るのにも必死でした。

妊婦と冷房についてまとめ

暑さも冷えも注意しなければいけない妊娠中は、快適な環境づくりが妊娠初期から大切になります。

 

環境調整ができない時は、衣類で調整できるように準備しておくことも大切です。こまめな水分補給も冷えを招かないように、常温もしくは温かい飲み物にすることをお勧めします。

 

妊娠中には葉酸を摂りましょう

ベルタ葉酸サプリの詳細


妊娠線予防と妊娠線クリーム

ベルタマザークリームの詳細

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
スポンサードリンク