妊娠中に気を付けたい姿勢とは…

MENU

妊娠中にNGな姿勢とそうではない姿勢

妊娠初期のつわりはつらいものの、姿勢で悩みがでてくるのは、お腹が出てくる妊娠中期からでしょう。

 

お腹が出てくることによって、楽な姿勢とつらい姿勢というものもでてきます。お腹が膨らんでいる事によって、今までとは体の中の変化もあり、してはいけない姿勢もでてきます。

 

赤ちゃんにも母体にも楽な姿勢で、マタニティライフを過ごしましょう。

妊娠中の楽な姿勢ってどんなの?

妊娠中期からお腹が膨らむことで、妊娠後期、臨月ともなると、前に倒れないように背骨の湾曲が強くなりバランスをとります。

 

妊娠中に楽な体勢として立っている時は両足を軽く開き、左右の足を少し前後させ足元を安定させます。首を伸ばし、骨盤を上にあげるよう傾けることで安定します。

 

妊婦の楽な座り方は、椅子に腰を深くかけ、首を伸ばすことで背筋を伸ばし、背もたれを利用します。柔らかすぎないソファや椅子を選ぶことも大切です。

 

足を組むと歪みの原因となってしまいます。床に座るときに安定するのは、あぐらです。この時も首を伸ばし、背筋が伸びるようにします。

 

寝るときに楽な姿勢ってどんなの?

妊娠中期、妊娠後期や臨月になるとお腹が大きく膨らんでいるので、うつ伏せ寝はしてはいけないと思っている方もいらっしゃいますが、うつ伏せ寝は妊婦がつらくなければ問題はないと言われています。

 

赤ちゃんは羊水で守られているという理由からです。反対にしてはいけない姿勢が、仰向け寝です。大きくなったお腹が足から心臓へ戻る血液を邪魔することで、全身の血流が悪くなってしまい、気分が悪くなり、次第に意識が遠くなります。

 

血流が悪くなることで、赤ちゃんも必要な酸素や栄養が送られないために、低酸素状態となってしまいます。

 

これを仰臥位低血圧症候群と呼んでいます。仰向け寝で気分が悪くなった場合は、左向きに横向きに寝ることで改善されます。

 

一番おすすめしたい寝姿勢が、左向きのシムス位と言われています。まず左向きに横になり、左足を後ろ方向に軽く伸ばします。左腕も背中側に肩から動かします。右腕は肘を軽く曲げて、胸の前におきます。

 

右足はひざを軽く曲げて前に置きます。右足がお腹を圧迫していると感じた場合や、姿勢がとりづらい時は、足の間にクッションを挟むようにして下さい。

和式トイレの時の姿勢って妊婦にいいの?

和式トイレの姿勢については賛否両論あるのが現状です。昔の日本は洋式トイレもなく、みんな和式だったのですから「和式トイレは流産する」というのは、間違いです。

 

妊婦にとって和式トイレのメリットは、あのかがむ姿勢にあります。かがむ姿勢は骨盤底筋群を鍛え伸ばす動作となっています。

 

骨盤底筋群は大きくなった子宮をハンモックのように支える働きをしており、和式トイレを利用することで骨盤底筋群を自然と鍛えることができます。

 

それによって、妊娠中のトラブルとしてあげられる尿漏れを予防します。

 

しかし、和式トイレに慣れていない人には滑ってしまうことや、しゃがむことでバランスを崩すこともあるので、注意が必要です。

妊婦の姿勢関連口コミ

特に妊娠後期には無理のない姿勢を心がけよう
妊娠8カ月目から出産までの期間を妊娠後期と言います。辛い悪阻の時期を超えて、赤ちゃんの胎動を感じてこの期間幸せな気持ちになるお母さんも多くいるはずです。そんな妊娠後期ですが、妊娠8カ月から出産までの期間で個人差はありますが、赤ちゃんは約1.5キロから2キロほど大きく成長します。今まで赤ちゃんの成長が緩やかだったのに対して、妊娠後期は赤ちゃんの身長も体重もグッと成長します。同時にお母さんのお腹も日々大きくなり、それに伴って生活に支障が出る事もあります。

 

妊娠後期になると腰が痛いという妊婦さんもいますが、どうしてもお腹が大きくなると腰が反るような体制になります。そのため日常生活で歩くのも大変になり、普段何気なくしている動作も大変になります。私も妊娠後期、特に臨月になると歩くのも一苦労でした。一番つらかったのはお皿洗いです。台所のシンクの前に立ち、皿洗いをすると腰が反ってしびれるくらいでした。そのため妊娠後期は腰に負担をかけず、長時間同じ姿勢をとらない等可能な限り無理な姿勢はしない事が重要です。あまり無理しすぎると産後にも影響するので、決して甘く見てはいけません。

 

また妊娠後期になるとお腹の張りや前駆陣痛というものも出てきます。特に初産婦さんだと陣痛との区別が分からなかったり、不安になることもあるかもしれません。場合によっては胎盤の早期剥離など問題によってお腹に痛みがでる場合もあります。胎盤の早期剥離等はすぐにかかりつけの医院に行かなければ赤ちゃんが手遅れになる可能性もあります。そのため少しでもお腹の痛みや張りがあり、休んでも治らない時は病院に連絡して相談し、指示を仰ぐことをオススメします。病院に電話確認するのをためらう人もいるかもしれませんが、お腹の赤ちゃんの命にかかわる問題かもしれません。何もなければそれにこしたことはないので、少しでも不安があればすぐに電話することが重要です。そうすることで、お母さんも精神的に安心して過ごすことができます。

妊婦の姿勢についてまとめ

妊娠中期以降にお腹が膨らむことで、体への負担が大きくなります。首を伸ばすことで背筋も伸び、楽な体勢につながります。

 

寝るときには仰向け寝には注意し、クッションを使用しながら楽な姿勢をしてください。

 

妊娠中には葉酸を摂りましょう

ベルタ葉酸サプリの詳細


妊娠線予防と妊娠線クリーム

ベルタマザークリームの詳細

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
スポンサードリンク