MENU

妊婦が遊園地で遊ぶ際に注意すべきこと

妊娠前に年間パスポートを買っていた方や、遊園地へ行く計画をしていた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

上のお子さんがいれば、出産前にたっぷり遊ぶ機会として遊園地を選択することもあるでしょう。遊園地は子どもだけではなく大人も楽しめます。

 

妊娠中だからといって、遊園地に行くことは決して悪い事ではありません。気分転換にもなって、日ごろのストレス発散につながるメリットもあります。

 

ただし、妊娠中なのですべてのアトラクションに乗っていい訳でもありません。

アトラクションはどうやって選べばいいの?

遊園地のアトラクションには、遊園地が設けている注意書き「妊娠中の方は、ご遠慮ください」などがありますので、守って下さい。

 

妊娠初期からジェットコースターなどの重力がかかるものは、体に負担がかかってしまうので乗れません。高いところから落ちるものや、体に衝撃が加わるものも乗れません。

 

振動が加わるものは注意が必要となっている場合があります。妊娠中期から妊娠後期にかけては、振動によって、お腹に張りを感じることがあります。

 

アトラクションの途中で、張りを感じても止めることはできませんから、張りやすい時や、体調が少しでもすぐれない時は止めましょう。また、シートベルトや安全バーが必要なものは腹部を圧迫する原因となります。

 

どんなアトラクションならいいの?

動きの激しくないアトラクションなら乗れるものもあります。しかし、船などのアトラクションは動きがゆっくりでも、揺れることや、乗り込む時にバランスを崩しやすいので、転倒の危険があります。

 

足元には注意してください。同行者に手を添えてもらうなど、注意しましょう。パレードやショーを楽しむ機会にすることをお勧めします。

他にどんなことに注意すればいいの?

遊園地までに移動時間もあるでしょう、スケジュールはゆとりを持たせる必要があります。妊娠初期はつわりから、移動するだけでもつらくなることがあります。

 

妊娠中期以降はお腹も膨らんできて、同様に移動だけでも体に負担がかかります。遊園地内ではよく歩くことになるので、履きなれたバランスの取り易い靴をはきましょう。

 

こまめに水分補給と休憩をとるようにしましょう。立って待つだけでも体へ負担がかかるので、待つ時にも同行者に頼み、休憩をするなど注意しましょう。

 

遊園地によっては妊娠中の方に向けてのサービスで、座って待つことができます。遊園地で使えるサービスがないか確認しておくと安心です。

 

外にいる時間が長くなるので、日差し対策もしてください。一番大切なのが、少しでも体の異変を感じたら我慢せずに、休憩をとることです。

 

主治医にも注意点を確認しておくと、安心して楽しむことができます。また、臨月はいつ出産になっても良い時期ですので、遊園地など遠出は避けましょう。

妊婦と遊園地についてまとめ

重力や衝撃がかかるアトラクションや、振動が激しいアトラクションには乗らずに、パレードやショー、動きの少ないアトラクションを楽しむようにしましょう。

 

転倒にも注意をはらい、小まめな休憩と水分補給にも注意をし、決して無理をせず楽しんでください。

 

妊娠中には葉酸を摂りましょう

ベルタ葉酸サプリの詳細


妊娠線予防と妊娠線クリーム

ベルタマザークリームの詳細

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
スポンサードリンク