MENU

劇太りは妊娠中には本当に避けるべきなのか?

妊娠中に「赤ちゃんもいるから二人分食べなさい」と昔は言っていましたが、今は違います。赤ちゃんが成長する為には、今までより栄養は必要ですが二人分は多い為、体重増加の原因となってしまいます。

 

妊娠による体重増加の目安があり、BMIで分かります。そして、もう一つ注意したいことは、妊娠中に痩せることもよくありません。

 

妊娠中は体重増加にも体重減少にも注意する必要があります。

体重増加するとどんな影響があるの?

妊娠中に太ると妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病の原因となります。

 

妊娠高血圧症候群となると、妊婦には脳や肝臓や腎臓に影響がでることや、HELLP症候群という適切な管理が行われない場合死亡することもある恐ろしい病気なる可能性が高くなります。

 

常位胎盤早期剥離の可能性もあり、赤ちゃんの死亡につながることもあります。妊娠糖尿病となると、流産や赤ちゃんの奇形や巨大児、多血症、低血糖などがみられることがあります。

 

また、脂肪は産道にもついてしまうので、赤ちゃんが下がりづらく難産となってしまうと言われています。

 

さらに妊娠中に劇太りした妊婦から生まれた場合、将来にわたって肥満リスクが高くなってしまうと言われています。

 

週に500g以上の増加は劇太りと判断して良いでしょう。いくら範囲内でも劇太りでは、妊娠中毒症のリスクが高まります。

 

太ってしまう原因は何?

妊娠中のホルモンの変化によって、体は水分や脂肪を貯めるように、赤ちゃんを成長させるために必要な変化します。

 

それに伴い体重も増加します。またホルモンにより腸の働きが悪くなり、便秘になりやすくなります。

 

妊娠初期は食べつわりによる体重増加がみられます。妊娠中期になるとお腹のふくらみもあり、つわりも治まり、食べるよう努める傾向があります。

 

妊娠後期から臨月には赤ちゃんの成長も速くなり、体重がさらに増えやすくなります。

 

また、お腹が大きくなるため、ゆっくりと動くことや、動く機会が減ることから、さらに体重増加しやすくなります。

体重減少するとどんな影響があるの?

妊娠中に体重減少するということは、栄養が不足している状態なので、赤ちゃんの成長に影響を及ぼします。

 

栄養が不足した赤ちゃんは、出生時の体重が2500g未満の低出生体重児となる可能性が高いです。

 

低出生体重児は発達の遅れや、感染しやすいなどのリスクを持つことがあります。また、将来的に糖尿病や高血圧となりやすいと言われています。

適切な体重はどれくらい?

妊娠中の適切な体重増加は、妊娠する前の体重によるBMI、肥満度が分かることで、求めることができます。

 

BMIは体重(s)÷身長(m)の2乗で割ることで求められます。BMIが18未満は体重増加は10〜12s、BMI18〜24は7〜10s、BMI25以上は5〜7sが推奨されています。

 

ただし、体重が元々多い人は体重増加しないように医師から言われる場合もあり、病院の方針によってはさらに厳しい体重制限を設けているところもあるので、主治医に相談することも大切になります。

 

妊娠中の劇太り関連口コミ

つわりが終わった妊娠中期に要注意!
数ヵ月前、第二子を出産しました。2度目の妊娠ということで、第一子の時と同じく普通に10ヵ月間を過ごせるものと思っていました。が、今回はそうはいきませんでした。妊娠初期のつわりがものすごく辛く、中期に入ってだいぶ和らいだことで、心も体も油断していました。時期が年末年始だった事もあり、体重が急激に増加したのです。

 

妊娠初期は、体重はほとんど増えなかったのですが、つわりが落ち着いた途端、ものすごい食欲に襲われ、その食欲のままに食べていました。家では特に体重測定していなかったので、病院の検診に行ってびっくり。なんと、1ヶ月で4キロも増えていました。もちろん、注意されました。最近、食べ過ぎかなぁとは思っていましたが、ここまで増えているとは思いませんでした。

 

確かに、顔にお肉は付いたし、このお腹の大きさは、子宮によるものではなく、ただのぜい肉な気がしました。仕事をしていたため、仕事に行っている間はもちろん、昼休み以外は食べれないし、昼ごはんだって、手作り弁当のみでした。しかし、お腹がとにかく空くので、帰りの車の中で間食し、夜ご飯を食べても、寝る前にまた何か食べたりしていました。

 

太って当たり前ですよね。このままではまずいと思い、適度に食事制限をするように心がけました。とにかく、間食は止め、夜ご飯の時のみ炭水化物を控えるようにしました。すると、体重の増加はかなり緩やかになりました。ですが、急激に体重が増えたことと、1日立ちっぱなしの仕事だということもあって、妊娠中期の頃からすでに股関節痛にも悩まされ始めました。

 

この痛みは、お腹が大きくなるにつれて、だんだんと強くなっていったのですが、もう少し早く体重管理に気を付けていれば、もう少しマシだったかもと後悔ばかりです。妊娠中の体重管理は、つわりが落ち着いた中期からが勝負です。油断大敵だなと今だから思えます。結局気を付けるようになってからは、あまり体重増加も激しくなく、無事に出産することができました。

 

お腹の赤ちゃんのことを考えたら、急激に太ることだけは避けなければいけませんね。

妊娠中期の体重増加で気づいたこと。運動と食事が大事。
妊娠初期に悪阻がキツかった人ほど、妊娠中期に入って悪阻が治まると「食べたい欲」が出てくるのではないでしょうか。少なくとも私はそうでした(笑)悪阻の間は、TVで美味しそうな映像が流れても食べられず、目の前に美味しそうな食べ物があっても食べられず、悪阻が治まったらたくさん食べてやる!なんて思っていたので、ある朝起きて悪阻が無くなっていた時に真っ先に思い浮かんだのは「よし、何食べよう」でした。

 

一人で焼き肉屋さんに行ったり、パスタ屋さんに行ったり、今まで食べたくても気持ちが悪くて食べられなかったストレスがこんなにも自分の中にあったのかと驚くくらい食べたい欲が静まりませんでした。しかし、次の妊婦健診での体重増加は…恐ろしいものでした。元々つわりで5キロ痩せてしまっていたのですが、それを一気に取り返すくらいの勢いでした。

 

尿たんぱくが出てしまったこともあって、これじゃいけないなと改心しました。そこで、まず運動をする事にしました。主人が会社から帰って来てから一緒にウォーキングをしたり、スイミングに通ったりしました。食べ物にも気を付けるようになりました。赤ちゃんを産んだ後も美味しい母乳を出さないといけないのでジャンクフードは辞める事にしました。

 

そのおかげで、体重の増え方は比較的穏やかになりました。同じ妊婦友達と話をしていても、食べ物はもちろん、お水を飲んだだけで太るし、息を吸っているだけで太っている気がする、と言う話題が良くでました。お腹が大きくなるにつれて体重増加も大きくなるのは仕方がないことですが、この時期に食べたものが赤ちゃんを作っている、と考えれば体に良い食べ物が食べたようと思うのが自然だと思います。

 

運動をして、体に良い物を選んで食べるのは妊娠中だけではなく今後の人生も良くするものだと思います。私は妊娠中期の体重増加を機にそう考えるようになりました。もちろん、あまりギチギチにルールを決めてしまうとそれがストレスになってしまうので、緩く出来る範囲でやってみると良いでしょう。妊娠中期は体調も安定しているし、後から妊娠中の事を思い出した時に、あの頃は楽しかったなぁ、と良く思い返します。

 

笑顔で、楽しい妊娠中期を過ごしてください。

妊娠中の劇太りについてまとめ

妊娠中の体重増加、体重減少ともに赤ちゃんにとっては出生時だけではなく将来にわたって影響を及ぼす可能性があります。

 

妊娠中の体重増加が範囲内でも劇太りもいけません。しかし、妊娠中の肥満に注意するあまり、体重減少となることもないように、体重管理に努めるようにしましょう。

 

妊娠中には葉酸を摂りましょう

ベルタ葉酸サプリの詳細


妊娠線予防と妊娠線クリーム

ベルタマザークリームの詳細

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
スポンサードリンク