妊婦が食べるべきではないものとは…

MENU

妊婦が注意しなければならない食べ物知識

妊娠中は母親が口にした食べ物が赤ちゃんの栄養となります。赤ちゃんが成長する為に大切な母親の口にするものですが、母親自身には特に影響がみられなくても、赤ちゃんには悪影響を及ぼす恐れのある食物もあります。

 

すべて禁止されている訳ではないですが、妊娠の継続も危うくなる可能性も含まれています。

 

自分が口にしたものによって、赤ちゃんに影響が表れてしまう可能性もあります。妊娠中に食べてはいけないものや注意が必要なものを確認しましょ。

魚類を食べることで気を付けることは何?

妊娠中に生魚を食べることはあまりお勧めできません。妊娠中は免疫力が低下しているため、食中毒になりやすい状態です。

 

食中毒になり、長期間の下痢や嘔吐により栄養状態が悪くなることから、赤ちゃんの成長を妨げる原因となります。妊婦は牡蠣を食べるように勧められていますが、食中毒の可能性もあるためよく加熱して摂取しましょう。

 

いくらなどの魚卵からリステリア菌の感染の可能性もあり、リステリア食中毒となり赤ちゃんに感染すると、流産や早産の危険があります。リステリア菌をもつものは、魚卵以外にもナチュラルチーズや加熱していない乳製品、スモークサーモンなどの魚介類加工品、食肉加工品も含まれます。

 

他にも明太子も注意が必要になります。妊娠中に明太子は、リステリア菌感染の危険がある他、塩分の摂りすぎや、プリン体の摂りすぎにつながるため、加熱した上で約1本(50g以下)までに留めましょう。

 

妊娠中の刺身もお勧めできません。妊娠中のお寿司は塩分摂取にもつながるので、量に気を付ける必要があります。また、生魚は避けることをお勧めします。

 

また妊婦は魚に含まれる水銀にも注意しなければいけません。水銀は遠海魚や深海魚に多く含まれていると言われ、摂取頻度目安も決められています。

 

特に注意する必要がないと言われている魚はアジ、イワシ、サケ、サバ、サンマなどで、加熱し摂取することを勧められています。

 

ビタミンAが多く含まれているため妊娠中は鰻も注意が必要です。ビタミンAを妊娠初期に過剰摂取することで、耳の形態異常の確率が高まってしまいます。

 

妊娠中によく摂取を勧められているレバーもビタミンAが多く含まれているため、注意が必要です。

 

肉類を食べることで気を付けることは何?

妊婦は生肉を食べることもお勧めしません。生魚同様にリステリア菌の感染の恐れがあります。

 

妊婦は生ハムやパテにも注意が必要です。さらに、猫やガーデニングで注意されているトキソプラズマは、牛、豚、馬などの生肉が感染していた場合、それを摂取することによって感染する恐れがあります。

 

妊娠中にトキソプラズマに初感染することで眼や脳に障害が生じる可能性があります。出生直後だけではなく、成長してから症状が出現することもあります。妊娠中に焼肉を食べに行き、ユッケなどから感染することもあり得ます。

 

また、妊娠中の馬刺しの摂取でも感染はあり得ます。妊娠中の外食では、完全に火が通ったものを選びましょう。

 

妊娠中の豚肉や鶏肉にはカンピロバクターやサルモネラ菌の感染の恐れもあるので、加熱することはもちろん、調理中の手洗いも含めて感染予防に努めましょう。

野菜を食べることで気を付けることは何?

生野菜を摂取する時は、よく水洗いをした上で食べてください。生野菜にもトキソプラズマやサルモネラ菌が付着している場合があり、よく水洗いをすることをお勧めします。

 

妊婦が摂取する生野菜はよく水洗いしましょう。また、夏野菜と呼ばれるトマトやキュウリ、ナスなどは体を冷やしてしまうため、食べすぎないようにしましょう。夏場には妊娠中に冷水を飲むことも控えましょう。

他の食べ物で気を付けることは何?

スパイスの中には、子宮収縮に働くものが含まれているので、妊娠中は辛い物も控える必要があります。

 

妊娠中期を過ぎた頃の妊娠後期や臨月になると赤ちゃんの成長に伴い、甘いものがほしくなります。妊娠中の甘いものは、体重増加や妊娠糖尿病につながるため、食べすぎには注意しましょう。

 

妊娠中の梅干しの摂取は塩分の過剰摂取につながってしまうため、控えましょう。すっぱいものが欲しい時はレモンなどに切り替えましょう。

 

妊娠中に玄米は便秘改善の効果もありますが、必要なミネラルや栄養も一緒に排泄してしまうという側面もあります。また、消化にも時間がかかるので負担が気になる方は控えましょう。

 

妊婦が生卵を使った食品を食べることでサルモネラ菌の感染の恐れがありますので、加熱したものを食べるようにしましょう。生卵を使って料理をする際にも、触った後はすぐに手洗いをするようにしましょう。

飲み物で気を付けることは何?

妊婦は烏龍茶などのカフェインが含まれる飲み物には、早産や赤ちゃんの低体重になる疑いがあります。妊婦が紅茶を飲む時にも1日に1?未満(他のカフェインのものを摂取しない場合)にし、烏龍茶も同様になるようにしましょう。

 

他にも緑茶やコーラ、チョコレートにもカフェインは含まれています。

 

妊娠中に牛乳を飲むことで、カルシウムやたんぱく質の摂取ができますが、脂肪分の過剰摂取となることもあるので、1日400m?までの摂取にしましょう。

妊娠中の食べ物についてまとめ

基本として妊婦は生ものを食べてはいけません。加熱して摂取することをおすすめします。妊婦となり食事制限があることで、栄養バランスを考えた食事摂取が難しいと感じた方には葉酸サプリをおすすめします。

 

妊娠期に大切な葉酸を必要量摂取でき、他の栄養素もバランスよく配合されており手軽に栄養バランスを整えることができます。

 

妊娠中には葉酸を摂りましょう

ベルタ葉酸サプリの詳細


妊娠線予防と妊娠線クリーム

ベルタマザークリームの詳細

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
スポンサードリンク