妊娠中に海外旅行は控えるべきかどうか?

MENU

海外旅行に妊婦は行っても大丈夫なの?

出産したら赤ちゃんのお世話で自由に海外旅行に行けないから、夫と二人で旅行できる機会が最後だから記念にしたいから、妊娠する前から決まっていたからなど、妊娠中でも海外旅行を希望する方はいらっしゃいます。

 

「マタ旅」と言って、旅行会社でも妊娠期間中の旅行プランが出されていることもあります。

 

しかし、行きたいから海外旅行へ行くという訳にはいかないのが、妊娠中です。

 

昔は「妊婦は遠出するな」という言葉もありました。赤ちゃんも一緒に行く妊娠中の海外旅行の注意しなければいけないことを確認していきましょう。

海外旅行へはいつなら行ってもいいの?

海外旅行へは、妊娠中期の安定期と呼ばれている頃が良いでしょう。航空会社によっても違いがありますが、妊娠後期の中でも特に臨月では飛行機に乗ることが制限されています。

 

妊娠後期でも医師の診断書や医師の同乗が必要になる場合や、同意書の提出が必要になる場合がありますので、航空会社に問い合わせが必要となります。

 

妊娠初期はつわりの時期でもありますし、ストレスや振動などで流産しやすい時期とも言われていますので、飛行機に乗ることはおすすめできません。

 

やはり妊娠中期にあたる一般的には妊娠12〜27週が良いと言われています。

飛行機に乗るとどんな影響があるの?

妊娠中に飛行機に乗ることで起こる影響としては、エコノミークラス症候群のリスクが妊娠していることによって高くなることが考えられます。

 

妊娠中は血液のバランスも変化していることや、気圧の変化による変化や水分が不足しやすいことから下肢に血の塊ができやすくなります。血の塊ができてしまい、肺に流れてしまうと命に危険がおよびます。

 

また、気圧の変化から消化管ガスつまりお腹の中のガスが膨張しやすくなり、お腹が張ったような感覚が強くなります。そこにシートベルトをしなければいけない時には、気持ち悪さもでることがあるでしょう。

 

飛行機ではどんな風に過ごせばいいの?

エコノミークラス症候群を予防するためには、下肢に血液が留まらないようにし、水分を小まめに摂ることが大切です。

 

下肢に血液が留まらないようにするには、機内にいる時間を短くすること、歩くことが一番です。飛行機の移動は最大で5時間くらいまでとし、30分に一度は歩くようにすることが必要でしょう。しかし、天候によってはシートベルト着用サインが続くこともあります。

 

そのような時には、足の裏を床につけた状態から、かかとをつけたまま足の指をすね(弁慶の泣き所)に付けるようなイメージで動かすことで、ふくらはぎの筋肉を動かします。

 

これをゆっくりでいいので続けていると、歩いている時ほどではなくても、ふくらはぎの筋肉を動かすことによって血液が留まるのを防いでくれます。

 

通路にでやすいように、通路側のトイレにも行きやすい座席がよいでしょう。また、飛行機内の冷房で冷えないよう対策も必要です。

他には注意することはないの?

大前提として、妊娠経過にトラブルがないこと、医師に相談すること、母子手帳を持参することです。妊娠中は急な体調不良が起こっても不思議ではありません。

 

そのために、時間にはゆとりをもったスケジュールにしましょう。現地に罹れる病院があるのか調べておきましょう。時差ボケが不眠や体調不良に影響することがありますが、お薬を飲まないようにするためには、時差の少ないところを選びましょう。

 

渡航先に感染症が流行っている場合は、渡航をやめた方がよいです。予防接種が必要な渡航先も選択しないようにしましょう。

 

海外旅行中に病院に罹ると、莫大な費用を請求されることがあるので、海外旅行保険に加入する方が多いですが妊娠中の保険加入は週数の制限があるので、よく確認しましょう。

 

他にも、現地の温度や標高、現地での移動手段や方法など体に負担がかからないようにしてください。

妊婦の海外旅行についてまとめ

色々と注意しなければいけない妊娠中の海外旅行ですが、体に負担にならないことが一番です。

 

不安になるような渡航先は避け、少しでもつらいと感じたら休憩をとるようにし、楽しめることが大切です。

 

妊娠中には葉酸を摂りましょう

ベルタ葉酸サプリの詳細


妊娠線予防と妊娠線クリーム

ベルタマザークリームの詳細

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
スポンサードリンク