MENU

妊婦の歯の治療。注意点など。

妊娠中に意外な変化として、口の中の変化があります。ホルモンのバランスの違いから、唾液分泌が少なくなり自浄作用という口の中を綺麗にする働きが弱まることで、トラブルがおこりやすくなります。

 

起こりやすいトラブルとして、歯周病、口臭、虫歯、口内炎、親知らずなどがあげられます。トラブルが起こる原因としては、妊娠初期のつわりなどによって食事回数が一定ではなくなり、少量ずつ頻回に食べることから食事回数が増え、口の中が汚れやすくなることも考えられます。

 

また、妊娠後期には膨らんだお腹によって胃の圧迫感からも食事回数が増えます。

 

さらに、つわりの時期は歯ブラシを口に入れることも、歯磨き粉やデンタルリンスも受け付けられなくなり、歯のケアを行うことが困難になりやすいことも原因の一つに考えられています。

妊娠中の虫歯治療はしてもいいの?

妊娠中に虫歯ができた場合には、治療することは可能です。現在、歯科治療で使われている麻酔の種類や使用量によって、赤ちゃんや母体に影響はないと言われています。

 

安心のために、麻酔を使ったりするような場合は、事前に産科医にも相談しておくと良いでしょう。治療時期としては妊娠中期頃が適しているといわれています。

 

妊娠初期はつわりによって、歯科治療を受けることが困難になると考えられます。また、歯科治療によるストレスが懸念されており、応急処置程度が適しているといわれています。

 

妊娠後期や臨月にはお腹が膨らんでくることや、診察や治療時の体勢が負担となるため、妊娠中期に治療が完了しているようにしましょう。

妊娠中の抜歯はしてもいいの?

妊娠中の抜歯については、どうしてもしなければいけない場合は実施することもありますが、基本的には妊娠中に抜歯はしないことが多いです。

 

抜歯をすることで、口腔内に体の内部とつながるところができるので、そこから菌が入っていかないようにしないと、感染症となる恐れもあります。

 

そのために、妊娠中の抜歯でも抗生物質が投与されます。また、抜歯することで痛みもでるので、痛み止めも使用するでしょう。もちろん麻酔も使用します。

 

これらの薬を使用するので、赤ちゃんや母体にも影響がないものを選択していても、率先して抜歯を妊娠期間中にする方が影響をおよぼします。抜歯自体が母体へのストレスにもつながります。

 

日ごろのケアはどうしたらいいの?

妊婦が歯医者にかかるのを最小限にするには、日ごろのケアが大切になってきます。前述したようにつわりで歯磨きもままならない時期は、食後すぐのうがいをするようにし、調子が良い時にブラッシングをします。

 

舌にブラシがあたると気持ち悪くなることがあるので、あたらないようにするのもコツです。妊娠すると親知らずの痛みや歯周病にもなりやすくなります。

 

これらも口腔ケアで予防することもできます。歯の表面だけではなく、歯と歯の間や、歯と歯茎の間も磨くようにします。

 

磨きにくい親知らずや、でこぼこした歯は小さい歯ブラシ、子供用のものなどを使用して磨くことができます。妊娠中期に歯石や歯垢を歯医者でとってもらい、歯みがき指導も受けることをおすすめします。

妊娠中の歯の治療関連口コミ

食欲が出るての太り過ぎ注意と歯の治療。
つわり、情緒不安定でどちらかといえば辛い妊娠初期にくらべて、妊娠中期は妊娠中一番過ごしやすい時期じゃないかと思います。まずこの時期にしておくことは、とにかく歯科治療です。虫歯なんてない、痛くないという人でも絶対に歯科にかかっておくことをお勧めします。なぜならば、歯周病になっている可能性があるからです。
私の場合は親知らずが少し虫歯になっていてそれはちょこっと削って銀歯をかぶせて終わりました。2日間の通院で終わったのです。ところが先生からまだ当分通うように告げられたのです。虫歯はないのに?と思っていたらなんと歯周病がすすんでいたのです。痛みも自覚症状もないのですが、先生が言うには今ちゃんと歯石をとっておかないと先々悪くなるし子どもを産んだら

 

通う時間もないし、口臭の原因にもなるし、全部きれいにしておいた方がいいとのことでした。歯石をガリガリと手作業で毎週1回とってくれて「よし、これで大丈夫」と治療は終わったのですが安心して出産に備えることができました。もしも臨月の時に歯が痛んだり、膿んだりしてもどうしようもないので本当に良かったです。

 

それともう一つ気をつけることは、太らないことです。つわりがおさまり、食欲が出ます。後期は胃が押されてあまり食欲は出なくなりますが、中期はまだまだお腹がそこまで大きくないので食べる量が増えてしまいがち。後期は食べ過ぎなくてもどんどん体重が増えますから、中期で増えると先生に怒られます。私の場合はそんなに食べ過ぎていないのに増えているということで栄養指導にまで行かされました。

 

そこでは栄養士の先生に食べたものを伝えて先生が計算してくれます。確かに食べすぎじゃないと言われて帰されたのですが、「じゃあ運動増やして太らないようにして」とあっさり言われました。何とか体重増加は10キロ以内に抑えたので産後の体型の回復は早かったです。もしも、中期に食べまくり、運動もしなかったら多分15キロくらいは増えていたかもしれません。

 

もともとが?せている方ならいいのですがそうでなかった私はとにかく太らないことが安産、自分のためだと言われました。結果は先生の言ったとおりでしたので、中期に気をつけることは歯科治療、太り過ぎに注意、この2点に尽きると思います。

妊娠中の歯の治療についてまとめ

歯科治療をどうしてもしなければいけないときは、妊娠中期にしましょう。日ごろのケアで、口腔内トラブルを予防することができます。

 

歯医者に受診するときには、妊娠していることを伝え、母子手帳を持参し記入してもらいましょう。産科医にも治療が必要な場合は、相談するようにしましょう。

 

妊娠中には葉酸を摂りましょう

ベルタ葉酸サプリの詳細


妊娠線予防と妊娠線クリーム

ベルタマザークリームの詳細

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
スポンサードリンク