妊婦は温泉に入っていいのか?

MENU

妊娠中に温泉に入っていいのか?

温泉に行くと脱衣所などに、温泉の禁忌の対象、つまり温泉に入らないで下さいと言われている対象に妊婦が書かれていました。

 

それが2014年に対象から外されました。そのおかげで、妊娠中でも温泉を気兼ねなく楽しめるようになりました。

 

しかし、温泉をただ楽しむことはできません。妊娠していることで、非妊娠時とは違う環境だからです。

温泉には入ってもいいの?

温泉とお風呂の違いは、やはりミネラル分などの温泉成分の違いといえます。では、このミネラル成分などの温泉成分が妊娠中は悪影響を及ぼすのかというと、そういう研究結果はでていません。

 

禁忌になった当時の記録にも特に記載はなかったということで、理由は不明だそうです。おおよその見当では、妊娠初期のつわりや、妊娠中期から妊娠後期にかけてのお腹が膨らんだことによるバランスの悪さから転倒の危険があるからだろうというものでした。

 

また、温泉では長風呂になりがちだから、めまいなどを引き起こす危険があるからではないかというものでした。

 

温泉がダメだと言われたのはなぜ?

妊娠中期から膨らみ始めたお腹は臨月には、足元も見えづらくなります。その状態で、滑りやすい床ではバランスがとれずに転倒の危険が考えられます。

 

また、妊娠中はホルモンの影響で注意散漫になりがちなため、思わぬ事故につながる可能性もあります。

 

妊娠中は血液循環が子宮に豊富に流れるために、脳への血流は少なくなりめまいが起こりやすいです。その状態でさらに温泉やお風呂で末梢血管が拡がると血圧が低下し、脳へ戻る血液が少なくなり、めまいがさらに起こりやすくなります。

 

また、脳へ戻る血液が少なくなるだけではなく、心臓へ戻る血液もすくなくなってしまい動悸もおこりやすくなります。これらの原因から、のぼせることや、頭痛やだるさが出ることもあります。

 

これらの症状は、温泉だけではなく自宅のお風呂でも起こり得ることなので、入浴は注意しなければいけません。自宅でも妊娠したら長風呂にならないように、自身の体調に気を配りながら入浴する必要があります。

 

時折、妊娠中の温泉が禁忌となっている理由として、子宮への感染を疑うものもありました。これは温泉だからというわけではなく、菌やウイルスが付着したものに直接触れることが起こり得るために起こると考えられます。

 

つまり、温泉の泉質は関係なく、スーパー銭湯やプールなどでも起こりえます。温泉だけでなく公衆浴場では、風呂桶や椅子、脱衣所のかごなど、共同使用のものは多くあります。

 

これらからの感染がまったくない訳ではありません。そういう恐れがあることは、自覚しておく必要があります。

妊娠中の温泉についてまとめ

妊娠中の温泉は決して禁止はされていませんが、注意することがあります。

 

妊婦は長風呂をしないようにすること、血圧低下やめまいが起こるようなちょっとした気持ちの変化に注意すること、バランスが悪く転倒する恐れがあると自覚し足元に注意することなど、これらの事があげられます。

 

また、これらの注意は何も温泉に限ったことではなく、普段のお風呂でも注意するようにして下さい。

 

妊娠中には葉酸を摂りましょう

ベルタ葉酸サプリの詳細


妊娠線予防と妊娠線クリーム

ベルタマザークリームの詳細

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
スポンサードリンク