妊娠中にやるべき運動としてはいけない運動

MENU

妊娠中にやっておくべき運動としてはいけない運動を知ろう

妊娠すると体を労わるように言われたり、それとは逆に運動するように言われたりします。妊娠の経過によっては、もちろん安静にしなければいけない状態もあります。

 

赤ちゃんとお母さんが順調な経過をしていない場合は、運動することによって、命に危険が及ぶことがあります。

 

しかし、赤ちゃんもお母さんも健康なら運動をすることで良い効果があります。

妊娠中の運動は、どんな効果があるの?

妊娠初期に始まるつわりを軽減するといわれています。妊娠中期以降ふくらんできたお腹によって、足から心臓に戻ってくる血液の流れが悪くなることがあります。

 

その流れをよくすることができ、それによってむくみの軽減にもつながります。運動することによって、体重増加が目立つ場合は消費カロリーが増え、体重増加を抑える働きにもなります。

 

しかし、妊娠期間中は体重を減らすダイエットではなく体重増加を抑えるための運動にしてください。また、分娩の際には持久力が必要となり、持久力をつけるためにも大切になります。ご紹介したのはごく一部の効果です。

運動する時には、どんな注意が必要?

効果があるといっても妊娠中ですので、注意が必要です。おなかが張ってきたら中止すること、水分をちゃんと摂取すること、炎天下では行わないこと、体はひねらないこと、妊娠したら重いものを持たないことなどです。

 

妊娠後期になるとお腹が大きくなり、バランスが悪くなり転倒しやすくなるので、必ず転倒しづらい靴をはいてください。

 

大前提として、赤ちゃんに負担をかけないようにすることが大切です。妊婦が転倒することで、切迫早産や切迫流産の危険につながることがあるので、お腹の痛みや出血、破水がみられたら迷わず受診してください。

 

また、妊婦が動きすぎても、切迫早産や切迫流産の危険が起こるといわれているので、疲れたら休みましょう。息切れが起きているときは、もう体を休めるサインです。

どんな運動をすればいい?

妊婦がやるべき運動として昔から言われているのが、妊娠中の雑巾がけです。妊婦が掃除をするのも昔は、四つん這いになるのでお勧めされていました。

 

四つん這いの姿勢になることで、腰痛軽減や腸の圧迫が軽減されて便秘が改善する効果もついてきます。

 

妊娠中期ごろから妊娠後期にかけて現れる「素づくり本能」を満たすためにも、雑巾がけは良いです。

 

最近では妊婦の散歩やウォーキングを推奨する医師が多く、自分のペースで歩くことで気分転換にもつながります。

 

また、妊娠中の筋トレとして骨盤底筋群運動やスクワットはおすすめされています。

 

ただし、筋トレを行うと筋肉が固くなってしまうので、柔軟性もあわせもつようにストレッチも組み合わせてください。

 

お腹が膨らんだ妊娠中の腹筋は、薄く伸びた状態になっています。腹筋もストレッチしてあげることが良いです。

注意が必要な運動は何?

注意が必要な運動として、バランスボールを使った運動では、必ず片足は床につけた状態で行うようにして下さい。転倒の危険があります。

 

妊娠中のランニングは医師に必ず相談してから行うようにして下さい。

 

妊婦の水泳は浮力を利用するので、お腹への負担が軽減できるので教室が開催されていますが、水温が低いなど環境により体の冷えにもつながるので、注意してください。

 

妊娠前から登山が趣味の方なら、妊娠中も楽しみたい妊婦登山ですが、標高が高い山では赤ちゃんに多くの酸素が届かなくなることもあるので、注意が必要です。

 

特に臨月になるといつ生まれても良い段階なので、産院から離れた場所に行くことはおすすめできません。

してはいけない運動は何?

してはいけない運動については、妊婦の草むしりです。

 

妊娠すると腰痛やひざの痛みがでることもあり、しゃがみこんだ状態での作業は体の負担になります。

 

また、体をひねる動作があるゴルフやテニスもやめましょう。

 

縄跳びやジャンプするのも、お腹に衝撃が伝わるのでやめておきましょう。

 

これらの動きが含まれているラジオ体操は、すべての運動をしないで選んで行うことが大切になります。

妊娠中の運動関連口コミ

妊娠は病気ではないけれど、無理のできない体
妊娠中期は比較的安定していて、初期に出来なかったことを自由に出来るようになるものです。安定しないことで、周りに妊娠のことを話せなかったり、つわりがひどくて食事がしっかり摂れなかったり、流産を恐れて外出を控えたり、ということもあったでしょう。しかし、中期になると、安心してみんなに話し、出かけやすくなります。ただし、安心しすぎて、気持ちを緩めすぎると危険です。

 

安定しているとは言っても、大事な命が育っている最中なので、必ずお腹を守ることを心がけて行動しましょう。私は、安定期に突入し、安心して買い物にも出たし、ちょっと重いものも持ち歩いたり、出産のためと、適度に運動を行ったりしていたんです。少しお腹が張りやすいなとは思っていたけれど、妊娠とはこんなものだろうと特別気にしていませんでした。

 

けれど、検診に行ったときに、「お腹がすごく張っている」と診断されてしまいました。赤ちゃんの頭もかなり下がっていて、お腹の硬さも、普通の妊婦さんよりずっと硬かったようです。なかなか他の妊婦さんとさわり比べるということもなかったため、こんなものかと思ってしまっていました。その診断の結果、しばらくの安静を命じられてしまったのです。

 

原因は動きすぎと、無理しすぎと言われてしまいました。妊婦でも、病気ではないから、と妊娠初期にきちんと出来なかった家事を安定期に入ったことをきっかけに頑張りすぎていたのです。でも、お腹が張っていると言っても、主人には理解してもらえません。その後寝てばかりいる私はただの怠け者のように思われてしまいました。できるけれどしてはいけないというもどかしさを感じながら、怠け者とみられながら、寝ていなければならなかったのはとても辛かったです。

 

まずは妊娠とはどういうものなのか、自分が知ると同時に、旦那さんにも妊娠に関する本を読ませ、安定期でも無理はできないのだということを教えることが大切だと思います。一番そばにいてくれる人が良き理解者となってくれたら、無理する必要もないし、安心して休めますね。

妊娠中の運動についてまとめ

体に負担がかからないように注意が必要な妊娠中の運動は、息切れが起きているときは中止のサインです。

 

運動中に大切な酸素の運搬、お母さんが運動によって息切れしやすくなっていては、赤ちゃんに十分な酸素は送れません。

 

十分な酸素を送るためには、よりよい血液を作る必要があります。そこでお勧めしたいのが、葉酸サプリです。葉酸は血液を作る働きがあります。

 

また、食事ではなかなか推奨量摂取することが困難なため、葉酸サプリで推奨量を摂取すること簡単になります。

 

さらに、葉酸サプリには鉄分も含まれているので、貧血の原因となりやすい鉄分不足も改善でき、息切れを予防できることができます。

 

妊娠中には葉酸を摂りましょう

ベルタ葉酸サプリの詳細


妊娠線予防と妊娠線クリーム

ベルタマザークリームの詳細

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
スポンサードリンク