MENU

妊娠線クリームと普通クリーム、激安妊娠線クリームとの違いについて

サイト管理人

妊娠するとお腹が膨らんでくるとともに気になることとして、妊娠線があげられます。

 

妊娠線は一度できてしまうと、薄くはなりますが消えません。

 

妊娠線ができるときには、かゆみを伴うこともあるので、かきむしらないようにして下さい。

 

妊娠線ができる人もいれば、できない人もいます。できれば妊娠線なんてできない方がいいですよね。

 

そのためには妊娠線クリームを使用することをお勧めします

 

なぜ妊娠線はできてしまうの?どこにできるの?

妊娠によってお腹が大きくなることや、特に腰周りや乳房に脂肪がつきやすいように体型が変化することがきっかけになります。

 

脂肪がつくことによって、肌が引っ張られるだけではなく、皮膚の下のコラーゲンや弾性繊維と呼ばれる組織も伸びてしまいます。

 

一番上の皮膚は伸びることができますが、皮膚の下の組織は伸びないために断裂することで妊娠線となってしまいます

妊娠線ができやすいのは、お腹が膨らむ前の妊娠初期よりも体重増加が目立ち始める妊娠中期以降から妊娠後期になります。

 

妊娠線は特に体重増加が急激になった時にできやすいために、妊娠後期の体重増加が顕著な時期によくみられます。

 

特に見られるのは腹部ですが、乳房も授乳に備えて大きくなるために放射線状で妊娠線ができることがあります。

 

また、腰周りのおしりや太ももにもできることがあります。

妊娠線を作らないようにするにはどうしたらよいの?

まず体重増加が急激にならないように、体重増加に注意することが必要です。

 

妊娠全期間において体重増加は8〜10sにとどめ、月に多くても2s以内に抑えることが大切です。

 

また、カロリーの高い食品は控えバランスの良い食事を心がけるのも大切です。

 

また、皮膚の乾燥を防ぎ、柔らかい状態に保つことも大切です。
ポイント無香料で皮膚下のコラーゲンや弾性繊維にまで届く妊娠線クリーム(初回1本500円)

妊娠線クリームは何が違うの?

妊娠線を予防するクリームは値段が高くなるので、経済的負担を感じて普通のクリームや激安クリームを使用している人もいらっしゃいます。

 

妊娠線クリームと普通のクリームでは値段だけではなく、効果に違いがあります。

 

妊娠線クリームは特に妊娠期に肌あれを起こしやすいことから、肌へ優しい成分でできています。

 

さらに、普通のクリームよりもより深くまで浸透するようにできています。

先ほども述べましたが、妊娠線は皮膚の下のコラーゲンや弾性繊維が断裂することで起こるので、ここまで浸透しなければ予防にはならないのです。

普通のクリームは乾燥予防するのに皮膚の表面の方だけで効果があるので浸透力はあまり必要ないのが違いです。

 

さらに、妊娠中には匂いにも敏感になりやすいために、妊娠クリームは無香料なものや匂いを抑えたものが多いです。

 

効果だけではなく、妊娠中のデリケートな肌や嗅覚に対しても配慮しているのが妊娠クリームです。

 

これに対して、普通のクリームや激安のクリームは、成分に特に妊娠中という配慮がなく肌荒れの原因となったり、匂いがきつく気分が悪くなったりすることがあり、使用によって負担が生じることがあります。

 

また、普通のクリームは浸透力が弱いために十分な効果が期待できません

妊娠線クリーム関連口コミ

第一子始めての妊娠のときは、なにも分からないことだらけでした。大きなお腹に愛しさを感じるも、重くて転びそうなときもあったし、張ってこわくなったときも多くありました。そんな日々を振り返って、あのときもっと注意した方が良かったことがいくつか思い浮かびます。その体験を綴りたいと思います。まずは安全に関してです。多くの人が気をつけていることかと思いますが、出かけるときに履く靴は滑りにくいもの、高さがないものは必須です。

 

段差がない靴を履くことはバランスが悪く転びやすくなるので大抵みなさん気をつけているのですが、意外に滑りやすい靴は履いてしまうのです。例えばクロックスなどのサンダル。サッと履けるし、滑り止めもついてるし便利じゃないかと一見思います。でもサイズがちゃんとあっていないと、元々大きめのデザインなのでつっかかりやすく、また古くなると靴裏の滑り止めもすり減り、特に濡れた地面では非常に滑りやすくなります。

 

私も一度転んだことがあり、冷や汗ものでした。普段履く靴はたとえ近所でも、履き慣れた転びにくいものをチョイスしてください。次にお腹をさする行為は避けましょう。中にはお腹をマッサージする人もいます。それは危険な行為なので避けてください。お腹はさすると張りやすくなります。私は病院の看護師さんに言われて知りました。よくお腹を撫でていたので、後期は避けた方が良かったなと思います。

 

次にお腹のケアです。心配なのがやはり妊娠線。妊娠線は、ある日突然びりっと出来ます。私も一応ケアは普通の安い保湿クリームをぬってしていたのですが、ケアが足りなかったようです。お腹のしたの方が何枝にも別れてヒビ割れていました。大きなお腹で見えませんでしたが、鏡を見て衝撃を受けました。もっとちゃんと気をつけていれば防げたかもしれないので後悔でいっぱいです。

 

二年経ってだいぶ薄くなりましたが、完璧に消えるのかは疑問です。お腹が大きくなるといろいろなリスクも大きくなります。無理をしないように気をつけて、体第一にゆとりを持って過ごすことが大事だと感じます。

妊娠線クリームについてまとめ

サイト管理人

これらの理由から、妊娠中は妊娠クリームの使用をおすすめします

 

使用時は、妊娠線ができやすい乳房、おなか、おしり、太ももに1日2回を目途に塗るようにしてください。そのうち1回は入浴後にしましょう。

 

ポイント無香料で皮膚下のコラーゲンや弾性繊維にまで届く妊娠線クリーム(初回1本500円)

 

妊娠中には葉酸を摂りましょう
ベルタ葉酸サプリ公式HP
https://belta-shop.jp/

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
スポンサードリンク