葉酸サプリメントの危険性・悪影響はあるのかどうかについて

MENU

葉酸サプリメントの危険性・悪影響は無いの?

サイト管理人

妊娠を希望している方や、現在妊娠中の方で葉酸サプリの存在を知っている方は多くいらっしゃると思います。

 

しかし、葉酸サプリをまだ使用したことがなくて、葉酸サプリについて不安を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

葉酸サプリの効果は、妊娠期間中だけではなく妊娠希望時から大切となる健全な細胞分裂を助ける役割や、血液をつくる役割、女性ホルモン分泌を整える効果があります。

この役割や効果があることで、妊娠希望時から摂取することが厚生労働省から推進されています。

本当に安全なの?副作用は?リスクは?注意点について

特に妊娠を希望している方や、妊娠中の方は自身が摂取するものが赤ちゃんへ影響することを考えて、より良いものを摂取したいとお考えでしょう。

 

良い効果がある葉酸サプリが、悪影響をもたらすものでないこと、安全なものであることが大切だとお考えでしょう。

安心して葉酸サプリを摂取するために、葉酸サプリの副作用もお伝えします。ただし、葉酸サプリの副作用は過剰摂取した時に、報告されているものがほとんどです。

その症状は食欲不振、吐き気、むくみ、不眠、痒みを伴うアレルギー反応、じんましん、胃痛、腹痛があげられています。

 

しかし、最初にお伝えした通り副作用は過剰摂取した場合にほとんど生じており、適量摂取では副作用の報告は見つけられませんでした

 

そのため、適量を摂取することで副作用の危険性を下げます。

 

アレルギー反応に対して不安を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、葉酸はホウレンソウなどにも含まれているビタミン類の一種です。

 

また、過剰な分は尿から排泄するので、アレルギー反応は起こりづらいと考えられています。

 

また、葉酸サプリも種類があり、選び方によっては違ったリスクが生じてきます。

 

まず、化学合成された葉酸サプリと天然の葉酸サプリがあります。

 

化学合成された葉酸サプリは、石油や化学薬品が原料に含まれているため肝臓への負担が懸念されており、特に妊娠後期に過剰摂取した場合に赤ちゃんが喘息になる確率が高いといわれています。

 

メリットとしては値段が手ごろで入手が簡単なところです。

 

それに対して、天然の葉酸サプリの値段は高くはなってしまいますが、普段から食べているものを原料としている無添加なので、安全性が高く安心して摂取することができます。

 

ポイント無添加で天然の葉酸サプリ

 

また、モノグルタミン酸という添加物が含まれている葉酸は、体内でうまく利用できずに排泄が遅れ、過剰摂取となりやすく副作用のリスクが高くなるので、注意が必要です。

 

葉酸には、最初にお伝えしたように血液をつくる作用があります。そのために貧血を改善する働きをもっています。また、女性ホルモンの分泌のバランスを改善する働きも持っています。

 

そのために不正出血、生理遅れや生理不順を整える作用も持っています。

 

生理自体で出血が起こるので、それによって貧血にもつながりますが、葉酸は両方に対して良い効果をもたらします。

また、生理時期にニキビなど、肌荒れになる方からも葉酸サプリを摂取してから改善したという事例も報告されています。

 

それは、葉酸サプリが健康な細胞分裂を助ける役割と前述しましたが、簡単にいうと新しい細胞を健康につくる働きをもっているから、肌も正常な肌に導くのです。

 

この働きは肌だけに起こるのではなく、粘膜にも表れます。腸の粘膜にも働くことや、造血作用により血流もよくなることから便秘も改善されます。

 

葉酸サプリにはヨウ素が含まれているものもあります。このヨウ素にも働きがあり、赤ちゃんの神経系の発達には欠かせないものです。

 

過剰に摂取することは、これも避けなければならないので、ヨウ素の含有量も見ておく必要があります。

 

そして、注意したいのが甲状腺の疾患をお持ちの方は、ヨウ素の摂取量が規定されている方もいらっしゃるので、必ず医師に葉酸サプリの摂取を相談して頂きたいと思います。

葉酸サプリって意味あるの?葉酸の効果・効能について

葉酸サプリの効果やリスクについてお伝えできたかと思います。ここからは、さらに詳しく葉酸の効果・効能についてご説明します。

 

まず葉酸は女性ホルモンの分泌を整えることから、生理周期が一定となり妊娠しやすい体にしてくれます。生理周期が一定にならないと不妊にもつながります。

 

また、悲しい思いをしてしまう流産についてですが、特に妊娠初期の流産は受精卵の先天的な異常が原因だといわれています。

 

この妊娠初期には受精卵は細胞分裂をしながら成長している時期で、この細胞分裂の際に正常に分裂するように助ける働きを葉酸はします。葉酸の働きによって、防げる流産もあると考えられています。

また、ダウン症も先天性異常のひとつで、出産年齢が高齢になるほどダウン症となる確率が高くなるといわれています。このダウン症のリスクも葉酸の摂取で抑える可能性があるとランセット学士も発表しています

 

葉酸は造血作用もあるため、受精卵が着床しやすい子宮をつくるために血流がとても大切になり、それを助けてくれる働きもあります。この造血作用は授乳中にも大切になってきます。

 

母乳の元は母親の血液です。妊娠中は血液量が増えるといわれており、よい血液、よい母乳をつくるために葉酸は必要です。

 

口コミなどでは葉酸がつわり軽減に効果があったというような書き込みもありますが、この効果は検証されていません。

 

しかし、葉酸サプリにふくまれるビタミンB6がつわり中に多い吐き気を抑える効果があるといわれており、葉酸の効果というよりはサプリに含まれている栄養素による効果といえます。

 

つわりは母親にとってもつらい時期なので、少しでも軽くなると嬉しいですね。

葉酸サプリについての疑問

葉酸は女性だけに効果があるの?

 

と疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。

 

葉酸サプリは夫やパートナーである男性にも摂取をおすすめします。

 

受精卵となるためには、健康な精子が必要となります。

 

葉酸は精子となるときの細胞分裂時にも異常が発生しないように働きます

授乳中はもうやめてもいいでしょ、いつまで?

 

と葉酸サプリの摂取終了時が出産だとお考えになられている方もいますが、前述したように授乳中にも造血作用があり母乳の元となる血液をつくる働きがあります

 

さらに、赤ちゃんが成長していく際にも細胞分裂を繰り返しているので、それを助ける働きがあるので、授乳期間中も飲み続けることをお勧めします。

臨月に葉酸サプリを飲むと、赤ちゃんが喘息になりやすいという噂があるけど?

 

と赤ちゃんの喘息について不安に感じている方もいらっしゃるかと思いますが、こちらも前述したように妊娠後期や臨月に過剰摂取した場合に認められた事例です。

 

注意したい点は必ず摂取量を守ることです。

風邪薬と葉酸サプリは一緒に飲んでもいいの?

 

との疑問がある方もいらっしゃると思います。

 

これは特に制限はありませんが、医師に処方してもらう場合や、薬局で購入する場合には、医師や薬剤師に葉酸サプリを飲んでいることを伝えれば、さらに安心して服用できるでしょう。

薬の飲み合わせで制限されているものは?

 

抗てんかん薬や抗生物質などがあります。

 

内服しているお薬がある場合は担当医に確認してください。

牛乳、グレープフルーツジュースを摂取していたら葉酸サプリは不要では?

 

食べ物だけで摂取できないのかと疑問の方もいらっしゃいますが、牛乳では1日800mL以上、グレープフルーツでは25個程度必要になります

いつから、いつまで飲むの?

 

と期間を気にされる方がいらっしゃいます。

 

妊娠3か月前からの授乳期までの摂取をおすすめします。

選び方は何を基準にしたらいいの?

 

選択方法の決め方については、前述のようにできれば天然素材の無添加のもの、放射能検査済みのものが特にトラブルなく、リスクもなく飲めるでしょう。
ポイント天然素材で無添加!放射能検査済みの葉酸サプリ

妊娠初期、妊娠中期、妊娠後期も飲み続けるの?

 

と期間が長くなることに不安な方もいらっしゃいますが、妊娠中に赤ちゃんは細胞分裂を繰り返し大きくなっていますので、ぜひ継続して摂取してください

飲み忘れたらどうしたらいいの?

 

との疑問も多いです。飲み忘れたのが当日中ならお飲みください。

 

しかし、前日の飲み忘れなどの場合は、忘れた日の分は飲まなくてもよいので、当日分のみお飲みください。

 

過剰摂取の原因となります。

葉酸サプリメントについてまとめ

サイト管理人

妊娠を希望している時期から授乳期まで、継続して葉酸サプリを摂取することで赤ちゃんにもお母さんにも良い効果があると伝わったと思います。

葉酸には妊娠しやすい体作り、妊娠を継続しやすい環境、健全な成長にも大切な働きが詰まっています。

 

葉酸サプリを飲まなければ必ず先天性異常がある赤ちゃんが生まれるわけではありません。

 

しかし、生まれてくる赤ちゃんへの先天性異常をもつ可能性を少なくすることができます。

摂取の注意点としては、過剰摂取は副作用の可能性がでてくるので適量を摂取しましょう。

 

また、化学合成された葉酸サプリは肝臓への負担も考えられるので、天然成分の葉酸サプリを選択するようにしましょう。

 

添加物によっては、過剰摂取の元となるので無添加のものを選びましょう。

特におすすめしたいのがベルタ葉酸サプリです。ベルタ葉酸サプリは、放射能検査済みの野菜から作られている天然成分からできており、無添加です。

さらに、つわりの時期にも飲みやすいように匂いも少なく、小さい錠剤タイプで4粒/日で1日摂取量を摂ることができます。

 

毎日飲み続けるものだからこそ、飲みやすい形態というのは大切になってきます。

 

続けて飲むことが大切だからと、飲むお母さんの立場に立った葉酸サプリが、ベルタです。

 

ベルタ葉酸サプリの詳細

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
スポンサードリンク